会社概要TOP
ごあいさつ
経営方針
当社は、ものづくりを通して、謙虚に、素直に、前向きに、いつも相手の立場に立ってものごとを考えることのできる人材育成を進めていきます。


存在意義
  1. 日本製鉄株式会社および日鉄ステンレス株式会社における鉄の生産活動を、全員全力で支えていくこと。
  2.   
  3. 最新の加工設備と長年の経験を活かし、日本製鉄グループにおける鉄の「安全・安定」生産につながる提案を継続的に実施すること。
  4.   
  5. 世界トップクラスの鉄鋼メーカーと直接取引させていただく企業としてふさわしい人材を育て、サービスを提供し続けること。
  6. 刻々と変化する経営環境とお客様の要望に素早く対応するために、常に新しいことにチャレンジし、自らの技術を高める努力を続けること。
  7. 仲間と力を合わせ、お客様に役立つサービスを提供し、社会に貢献すること。
サイドメニュー01
サイドメニュー02 トップページ サイドメニュー03
会社案内
当社の強み
設備紹介
加工事例
人材育成
サイドメニュー04
フェイスブック「白井興業」
アクセスマップ
会社概要
会社名 白井興業株式会社
代表取締役社長 白井 博之
資本金 1,000万円
従業員数 36名(2020年2月1日現在)
所在地 〒7430063 山口県光市島田2丁目27-1
TEL 0833-71-0044
FAX 0833-71-2604
E-mai info@shirai-kk.co.jp
設立年月日 1948年(昭和23年)6月1日
事業内容 製鉄機械を中心とする各種プラント関連機械設備の修繕加工及び部品製作。
上記に関連する機械・製缶加工、及び各種装置等の設計・製作・組立・据付工事。
主要取引先 日本製鉄株式会社 日鉄ステンレス株式会社
日鉄溶接工業株式会社 日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 他約30社
沿革
1948年 建設業を主な事業として会社設立(初代社長 白井 清)
1952年 鉄工業に進出
1955年 八幡製鐵株式会社(現 日本製鉄株式会社)が山口県光市に光製鉄所を設置。
これに伴い、製鉄関連機械の部品製作や補修に力を入れる。
1975年 NC加工棟新設
1977年 2代目社長 白井謙次 就任
1985年 製缶工場(現 第1工場)新設
半導体シリコンウェハメーカーとの取引を開始(硬脆性材料の切断・加工事業に取り組む)
2003年 3代目(現)社長 白井博之 就任
2008年 生産管理システムTECKS-BKⅡ(テクノア製)導入。
中小企業経営革新法に基づく経営革新計画の承認を受ける。
同計画に沿って、レーザー加工機(アマダQuattro2kWパイプインデックス付)導入。
2013年 平成24年度ものづくり補助金採択。
立形マシニングセンタ(Mazak VCS-530 ロータリーテーブル付)導入。
2014年 中小企業経営革新法に基づく経営革新計画の承認(2回目)を受ける。
平成25年度ものづくり補助金採択。
NC横中ぐり盤(東芝機械 BTD-100.R10)導入。
2016年 平成26年度ものづくり補助金採択。
NC旋盤(Mazak QTS-350)導入。
平成27年度ものづくり補助金採択。
複合加工機(Mazak INTEGREX j-300 1200U)導入。
2017年 第2工場 新設
2018年 平成29年度ものづくり補助金採択。
CNC普通旋盤(滝澤鉄工所 TAC-650 3000L)導入。
2019年 平成30年度ものづくり補助金採択。
大型バンドソー(アマダ HFA500)導入。